【カリスマ】本田医師の確実な包茎治療を受けれるチャンス!

包茎で悩んでいても仕方がない!

カテゴリー:包茎治療
タグ:

実際にカウンセリングを受けに行ってみました。ぼくの場合3カ所で受けてみたんですが、複数のところで受けるのにはメリットもあればデメリットもありました。
自分の包茎がどんな状態なのかを知るだけだったら、別にカウンセリングを受けるのは1カ所でもかまわないと思います。

何カ所も行って、その度に医者の前でパンツを下ろして触られる……こんなことをしても、結局専門医の見立てはそう大きく違わないからです。それに、治療を勧められる度に断るのもけっこう煩わしいので、カウンセリングだけ受けて、自分のモノの状態だけ知りたいというのであれば、1カ所にしておいた方がいいと思います。



でも、カウンセリングだけでなく治療もしたいと考えているのであれば、もっと慎重に選んだ方がいいと思います。僕みたいに治す方法が違ってくる場合もありますから。実際、切らずに治せるレベルなのに、切る方法を勧めてくる医者と切らない方法を勧めてくる医者がありました。きっと医者の得意不得意の問題なんでしょうね?だって、切らない治療が得意だったら、そっちの方が患者の負担は小さいし、傷口が目立たないはずだから、絶対にそっちを勧めてくるはずなんです。

だから、切った方がきれいに治るなんておかしいと僕は思いました。たぶん、切らない治療があんまり得意じゃないから、確実に成功する切る治療を勧めてきたんじゃないかと思いましたよ。もしかしたら、皮の余り具合によっては、切らないで治すのにかなり高度な技術が必要なのかもしれませんけど。

まあこんなわけなんで、一カ所で受けるか複数カ所で受けるかは、その人の目的にもよりますね。でも、実際に受けてみて「とにかくカウンセリングだけは受けておいた方がいい」とは思いましたよ。自分のがどのくらいのレベルなのかくらいははっきり知っておいた方がいいということです。全く気にならないと言うのなら別ですけど、悩み続けても何の得もしませんから。

たぶん、「自分のだけが特別にひどい」と思い込んだり、「自分だけが悩んでいる」と感じたりするのが一番よくないんだと思います。僕もカウンセリングを受けてみてわかったんですが、どこの医者の話を聞いても、仮性包茎は多いってことでしたよ。レベルは様々だけど、悩んでいる人は多いって。

だから、医者に診てもらって、悩みを聞いてもらっただけでも安心できますよね。実際、話を聞いてもらうだけの人もたくさんいるみたいでした。それに、ほとんどの人が僕みたいに自分の状態を知ったことで前向きに治療を考え始めるようですよ。やっぱり、放っておきたくないって感じますから。ただ悩んでいるだけでは時間がもったいないです。何の得も無いですよ。

仮性包茎治療関連タグ



2013年3月14日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ