【カリスマ】本田医師の確実な包茎治療を受けれるチャンス!

他人との男性器の比較について

カテゴリー:包茎
タグ:

包茎関連のサイトを見ると、温泉などでの出来事がよく書かれていて、「タオルでこそこそ隠すのが嫌だ」「隠さずに堂々と歩きたい」などという意見もよく載っています。これって、他人に包茎は見られたくないけれど、男らしいところは見せつけたいという意味なんでしょうか?まあ、同じ男としてその気持ちもわからなくはありません。

でも、他人の股間ってしっかり見たことありますか?なかなかそんな機会は無さそうなんですが……。もちろん、僕だってスーパー銭湯や温泉くらい入ったことはありますよ。でも、よくよく思い出してみても、他人の股間をじっくり見たという覚えがないんです。



いくら裸でも他人の股間をクローズアップして見るようなことはしないですから……。まあ、付いているはずのモノが付いていなかったり、付いていないはずのモノが付いていたりしたらしっかり見直すかもしれませんけど、たいていの場合はちゃんと付いていますからね。

それがよほど特殊な形でもしていれば別ですけど、普通はあまり気にもならないんじゃないかと思います。現に、僕は温泉などで初めて会う人の股間がどんな状態になっているかなんてこと、確認した覚えがありません。仮に友人がいかにもこそこそと股間を隠しながら入って来たら何があったのか気になるかもしれないですけど、全くの赤の他人のモノを見ようと凝視したことはないんですよね。

これって僕が変わっているだけなんでしょうか?もちろん、他人のモノが気になるという気持ちは僕にもわかります。見比べてみたいという気持ちは僕にもありますから。でも、僕は他人のモノがどんな風になっているかなんてこと、しっかり見た経験がないんです。見ようと思ったら簡単に見られるものなんですかね?もし、脱衣所や洗い場で見ようとしたら、のぞき込むような感じになってかなり不自然じゃないですか?トイレで隣をのぞき込むのはもっと変だし……。そんな風に思うのは僕だけですか?

……などということを考えていたら、逆に不安になってきました。僕自身が他人のモノをちゃんと見た経験がなかったから、これまで無防備に温泉でもプラプラと出して歩き回っていたんですが、もしかしたら周りにはしっかり見られていたのかもしれませんね。そして、内心「あいつには勝った」などと思われていたのかも……。何だかもう次からはタオルで隠しながらでないとだめな気分になってきました。今度行ったら自分のを隠しながら他人のモノを観察できるか挑戦してみようと思います。

仮性包茎治療関連タグ



2013年1月24日 | カテゴリー:包茎

このページの先頭へ