【カリスマ】本田医師の確実な包茎治療を受けれるチャンス!

包茎を知られたくない相手

カテゴリー:包茎
タグ:

前回は「自分の包茎に気がつかないような人がいるのか?」という話を書きました。結局その点については「普段の状態が明らかに皮をかぶっているのに気がつかないような人はほとんどいないだろう」という結論になりました。しかし、そうなると今度は「気がついている人全員が悩んでいるように思えないのはなぜなんだろう?」という点が気になり始めました。どうも悩んでいる人と悩んでいない人がいるみたいだからです。

最初は「悩むか悩まないかは個人差の問題だろう」と考えました。でも、そうなると、気にする人はただ単に神経質なだけなのか?ということになります。しかし、本来だったら剥けるはずものが大人になっても皮をかぶったままというのは、普通の神経ならやっぱり気になると思うんです。その方が正常だと思うくらいです。それで考えました。僕自身はなぜ皮をかぶっているのが気になっているんだろうと。すると「見た目が嫌だ」という答になりました。でも、普段誰かに見せるようなところではありません。じゃあ、誰の目が気になっているんだろう?と考えてみました。



僕は自分自身がその見た目を許し難いと思っている。つまり、自分の目を気にしていました。しかし、体験談などを読んでみると、「温泉でこそこそ隠すのが嫌だ」と書いている人や、「彼女には情けない姿を見せられない」と書いている人がいるんです。そういう人たちが気にしているのは自分の目ではないように思えました。それで気がつきました。自分の包茎が気になるかどうかは、誰の目が気になるかどうかに左右されているんだと。

僕自身は自分の目に見える物が嫌でたまりませんでした。毎日見たり触ったりするのですから、自分の目が気になる人が悩むのは当然でしょう。その点「温泉でこそこそ隠す」という人は同性の目が気になっているのかもしれません。「他人より男性らしくありたいのに、皮をかぶっているのはかっこ悪いから見られたくない」という感じでしょうか。だから、そういう人もやはり普段の状態を何とかしたいと思って悩むんだと思います。しかし、「彼女には情けないところを見せられない」という人の場合はちょっと違うかもしれません。

女性の前にはたいてい起っているものしかさらさないので、勃起した時にある程度剥けていたらそれほど悩まないで済むんでしょう。もしかしたら、世の中起った時にはそれなりに剥けるレベルの人が多いのかもしれません。だとすると、日本人には女性の目を気にする人が多いのかもしれませんね。でも、それだと慣れてきた時油断して普段の姿をさらしてしまいそうでちょっと怖いです。適度に悩んでるくらいの方が後悔せずに済みそうですよ。

仮性包茎治療関連タグ



2013年1月17日 | カテゴリー:包茎

このページの先頭へ