【カリスマ】本田医師の確実な包茎治療を受けれるチャンス!

包茎は気になる?ならない?

カテゴリー:包茎
タグ:

包茎の人って、自分が包茎だって事には気がついているんですよね。もしかして、気がつかない人っているんでしょうか?毎日、トイレや風呂で何度も見る部分ですよ。他人にはあまり見せない部分だけど、自分自身は毎日見るし、手で触る部分ですからね。気がつかないわけはないと思うんですが……。まあ、限りなく正常に近い仮性包茎だったら、気がつかないってこともありますかね?でも、そんな究極の仮性包茎はそんなに多くはないと思うんですよ。だから、たいていは気がつきますよね。だって、皮が余って邪魔だし、とにかく普段は剥けていないんですから。

どこかのホームページに書いてあったんですけど、仮性包茎っていうのは、ふだんは亀頭が皮で覆われているけれど、その状態でも手で簡単に皮を剥いて亀頭を露出させられるものという定義らしいんです。その上で、起った時の状態は、亀頭が見えるのもあればほとんど露出しないものまであると書いてありました。つまり、普段は皮をかぶっているんですよ。だから、気がつかないわけないと思うんです。それなのに、どうも自分の実感として、日本人男性の半分以上が悩んでいるという雰囲気が感じられないんですよね。これが僕には不思議で仕方ありませんでした。



もしかして、仮性包茎と言っても、実際はレベルがいろいろだからなんでしょうか?仮性包茎の定義で考えると、正常に限りなく近いのから、真性包茎に近いくらいしっかり皮がかぶったのまで幅が広そうです。例えば、真性包茎に近いくらいしっかり皮がかぶっているやつだったとしたら、絶対に気がつくはずだし、気にもなると思うんです。たぶん、そういうのは普段の生活でもやっかいな事がいろいろありそうなんで。でも、これが普段は皮をかぶっていても、起った時にはそこそこ剥けて、やることは問題なくやれてしまうようなやつだったとしたら、全然受け止め方が変わってきても仕方無いですよね。普段の状態がかっこ悪いというのを気にするか気にしないかというだけになってしまうので、中には気にならないという人が出てきてもおかしくないのかな?と思いました。もはや、こうなると「気がつかない」んじゃなくて、「気にならない」という話ですが……。

それで、今度は僕なりに「気になる」「気にならない」ということを考えてみました。すると、結局は誰の目を気にするかというところで違いが出てくるんだということに気がつきました。要は、人によって誰の目を気にするかが違っていると言うことです。これについては、もうちょっと詳しく語りたいので、項目を変えて細かい事を書くことにしますね。

仮性包茎治療関連タグ



2013年1月18日 | カテゴリー:包茎

このページの先頭へ